借金返済のおすすめ方法は一本化!それができない場合は債務整理

借金返済のおすすめ方法は一本化!それができない場合は債務整理

12view

2018.09.11

借金を一本化する方法とメリット

一本化する方法とは

借金返済で困っている人の多くは、複数の金融業者を利用しているケースがほとんどです。借りている金額にもよりますが、多くの金融業者の金利は18%。それに比べると銀行は3%から4%ぐらい低めの金利になっています。

この金利差を利用して返済額を減らすのが一本化という方法。具体的なやり方は、銀行からお金を借り、そのお金で複数の金融業者の借金を整理します。例えば借金総額が200万円なら、銀行から200万円を借りて金融業者の借金をチャラに。そうすれば今までより低い金利で銀行に返済することができます。これが一本化です。

一本化のメリット

一本化の最大のメリットは金利の低い銀行に借り換えすることによって、毎月の返済額および総返済額を減らせることです。もう1つのメリットは借金の管理が簡単になること。例えば複数の金融業者を利用していると、業者によって毎月の返済日がまちまちです。返済し忘れが起こりやすく、次回の返済が多くなって負担が増大します。

そうなると返済スケジュールが狂って、延滞してしまう可能性も起こります。一本化して毎月給料日に引き落としにしておけば、返済日を気にする必要がなくなります。

一本化は通常の審査より厳しい

複数の借金返済の場合、一本化はとても有効な手段です。ただし借り換えをする場合、銀行の審査に通らなければなりません。一般的にこのような借り換えを「おまとめローン」といいますが、通常のローンよりも審査が厳しくなります。その理由は複数の金融業者を利用しているため、借金額が大きいから。そのため審査が厳しくなり、中には審査が通らないケースも出てきます。

審査の基準は色々ありますが、年齢が20代後半から40代後半の働き盛りであること。また勤続年数が長い方が審査は通りやすくなります。もしも審査に通らない場合は、債務整理という方法がおすすめです。

一本化の審査で落ちたら債務整理がおすすめ

なぜ債務整理がおすすめなのか

複数の金融業者から借金をして返済できなくなった人を多重債務者といいます。このような多重債務者を救うために国が推奨している方法が債務整理です。合法的な借金整理法なので、一本化できなかった人にはおすすめです。

借金の額によって方法があり、一番軽いのが任意整理、次が個人再生、借金の額が大きい場合は自己破産。その他に過払い金請求という方法もあり、不当に高い金利でお金を借りていた場合は払い過ぎた金利分が戻ってきます。このように債務整理にはいくつかの方法がありますが、詳しくてふさわしい法律事務所をご紹介しましょう。

弁護士法人 サンク総合法律事務所

銀行の審査を通らずに一本化できなくても諦める必要はありません。「弁護士法人 サンク総合法律事務所」では借金の額に応じた債務整理の手続きをしてくれます。無料相談が用意されているので、とにかく電話をすることが大事。この法律事務所では毎月600件以上の相談実績があるので、安心して利用できます。

弁護士費用を心配する必要はなく、初期費用はゼロ円ですし、費用の分割払いが可能です。無料相談窓口は24時間365日いつでも対応しており、全国対応となっています。

街角法律相談所

銀行の「おまとめローン」に借り換えすれば毎月の返済額を減らせますが、債務整理でも減らせます。「街角法律相談所」では借金の額によって任意整理や個人再生という方法で対処してくれます。弁護士が金融業者と交渉すれば利息をゼロ%にしたり、毎月の返済額を下げることが可能。

「街角法律相談所」のホームページには無料の診断チェックがあるので、匿名で診断することができます。簡単10秒でチェックができて、毎月3,000人が利用している実績があるので安心です。

そうや法律事務所

銀行に一本化できない人のために、「そうや法律事務所」では債務整理という方法で返済額を減額してくれます。借金の額がそれほど多くなく、毎月の返済額を減らしたい人にはおすすめ。1人で悩んで手遅れになる前に、解決策を相談してみてください。

「そうや法律事務所」では無料相談できる窓口が用意されています。金融業者の督促で困っている場合でも、相談すれば最短即日で督促をストップできます。弁護士費用も分割払いができるので、債務整理したい人にはおすすめです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る