年収以上の場合も!500万円の借金理由と借金返済の方法とは

年収以上の場合も!500万円の借金理由と借金返済の方法とは

49view

2018.09.11

500万円の借金理由とは

連帯保証人になった

500万円もの多額の借金をしてしまうのは、通常の生活ではあまりない状況です。普通の生活をしていながらも、500万円の借金をいきなり背負ってしまった場合には、連帯保証人になってしまったというケースも少なくありません。連帯保証人といえば、第三者が借金をする時に、万が一返せない場合に代わりに借金の返済義務を背負うために連帯保証人を立てるケースが多いです。

ところが、連帯保証人を立てなければいけない時は、借金をする時だけではありません。就職する時、賃貸物件を借りる時にも連帯保証人が必要なケースがあります。ほとんどの場合、連帯保証人として名前を貸すだけで何らかのトラブルに巻き込まれる事はありません。

しかし、就職の際に名前を貸した本人が何らかの罪を犯した、または会社に多額の損害を与えてしまいそれを補償しなければいけなくなった場合、賃貸物件の場合は賃貸料の滞納が積もり積もって、もしくは賃貸物件に対して、次の賃貸契約に出せないほどの何らかの損害を与えてしまい補償しなければいけない場合は、連帯保証人として損害賠償請求をされることがあります。

補償内容が積もり積もった場合や、損害内容が多額な場合、500万円程度の補償を求められることがあります。その場合は、いきなり500万円の借金を背負ってしまうことになります。

さらに、自分が知らない内に連帯保証人になっていることもあります。本人が了承していない間に連帯保証人にされてしまい、いきなり500万円の損害賠償請求や代わりに借金返済を肩代わりしてしまう、ということもあるのです。

借金を抱えている状態で収入がなくなった

住宅ローンや車のローンなど、高額な買い物をする時にはローンを組む人も少なくありません。いずれの場合も、自分のライフスタイルや収入に応じて、毎月無理なく返済できる範囲でローンを組みます。もしも、臨時収入があったり、ボーナスなどが入って返済に回せたりする時には、繰り上げ返済も可能になっています。

ところが、勤めていた会社が倒産した、夫が不慮の事故で急死してしまったなど、何らかの理由で収入が途絶えてしまうことがあります。普通に生活していれば何の問題もなく返済できていた借金の返済ができなくなった時に、500万円の借金を背負ってしまうこともあります。

ほとんどの高額ローンは、万が一主な収入源の人が亡くなってしまった時などには、ローンの返済が免除されるなどの保険が設けられています。ところが、万が一の時を想定せずに保険に入っていなかった時には全ての借金を返済しなければいけません。

500万円の借金返済の方法は「弁護士への相談」

500万円もの借金は、普段生活している中ではほぼ借金をする機会のない金額です。ところが、信頼していた人の連帯保証人になった時や、高額のローンを抱えて保険に入っていない状態で収入が途絶えてしまった時などには、500万円の借金を急に背負ってしまう可能性もあるのです。

もしも、身に覚えのない場合を含めて500万円の借金や損害賠償を肩代わりしなければいけない連帯保証人になってしまった場合、または収入源が途絶えても高額のローンを返済しなければいけなくなった時には、弁護士へ相談してみることをおすすめします。

特に、借金問題に強い弁護士なら自分自身が理由の借金問題解決はもちろん、不意に予測もしない500万円の借金返済を求められた時にも、法的な観点で解決方法を提示してもらえます。初めて相談する時には、初回のみ無料で相談に応じている弁護士も多いため、気軽に相談することもできます。

もちろん、不意な借金だけでなく自分自身でした借金解決のための相談も可能です。その時も、借金の理由は聞かれても責められたり怒られたりすることは一切ありません。500万円の借金で悩んでしまっている時には、借金問題に強い弁護士へ相談してみましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る