夜勤の仕事から抜け出したい!無理のない借金返済方法とは?

夜勤の仕事から抜け出したい!無理のない借金返済方法とは?

26view

2018.09.11

借金が辛い!夜勤バイトとのダブルワーク

本業の収入が増えない

気がつけば借金の返済額はどんどん増えていくのに、本業の年収は上がるどころか、会社の業績次第で年収が下がるところも多いです。ボーナスカットや手当がなくなることもあります。そんななか、借金を抱えてしまうと返済するのにも一苦労です。最初に収入を上げるために思いつくのが本業の他に収入源を増やすことです。

本業はだいたい朝から夕方夜までのところが多いので、夜中の時間を使って仕事をしようと考えます。夜勤を始める前にメリット・デメリットをみていきましょう。

夜勤バイトのメリット

夜勤バイトを始めれば、働き口が増えるので自動的に毎月の収入がアップします。特に夜勤は昼間の仕事に比べ時給が高いことが多く、ある程度の収入が見込めます。夜勤で働いた分は借金返済の足しにすることで、月々の返済額を上げることも可能です。

他にも夜勤は昼間の仕事とは違い、年齢がバラバラな人が多く仕事を通じていろいろな人に出会うことができます。女性の場合は、水商売などをすることでコンビニや夜勤のバイトより多く稼ぐことができます。しかし、まだ偏見を持たれる職業でもあり水商売を始めることは注意が必要です。

夜勤バイトのデメリット

夜勤の最大のデメリットは、体調を崩す可能性が高いことです。借金返済のために毎日働き詰めると心身ともに疲弊し、体を壊す可能性が高くなります。働けなくなったら返済も滞るので夜勤でのダブルワークはおすすめできません。

スケジュールも昼間の仕事が終わってからすぐに夜勤の仕事へ移動するなど、しっかり管理をしないと本業に影響がでてしまいます。そうなると何のために夜勤をしているのかわかりません。

副業はOK?会社にバレるリスクは?

最近は副業OKの会社も増えてきましたが、まだまだ認められない会社も多く、副業をしていても届け出が必要な場合があります。借金返済のためこっそりとバイトを始めたとしても、年末調整などで副業がバレてしまう可能性が高く、会社に副業が見つかった場合はトラブルになる可能性があります。

夜勤のバイトを始める前に、勤めている会社は副業がOKなのか確認しましょう。もし副業がNGであれば他の方法を考えるしかありません。年齢が若ければもう少し年収が高い、もしくは副業がOKの会社に転職することも考えられますが、年齢や家庭の事情で転職ができない場合は、債務整理を検討する必要があります。

限界を感じる前に債務整理を検討しましょう

借金で苦しいなら債務整理を検討

夜勤のバイトを始めてから生活サイクルが乱れ、慢性的に睡眠不足に陥っているのになぜか借金返済が思うように進まないなんてことはありませんか。もしくは、夜勤を始めようと会社の就業規則を確認してみたら副業がNGだったなんてこともあるかもしれません。

生活費も食費も切り詰めて働いているのに全然返済ができない、そもそも副業ができず借金返済に困っているなら債務整理を検討しましょう。債務整理と聞くと自己破産とイメージする方が多いですが、債務整理は自己破産だけではありません。

あなたの収入に合わせて計画的に返済できる”任意整理”という方法もあります。収入に応じて月々の返済額が決まることで日常生活を取り戻し健康的な生活を送れるようになります。借金を返済することも大切ですが、まずはあなたの生活を正すことが先決です。債務整理をして少しずつ返済していきましょう。

経済的に難しければ法テラスへ相談を

借金返済の相談は誰にすればいいかわからない!そんなときは、国によって設立された「法テラス」へ相談しましょう。法テラスは法律にまつわるトラブルの総合案内所で、無料法律相談や経済的に専門家への依頼が難しい場合は、立て替えなどをおこなってくれます。

借金返済のために夜勤で仕事を始めることもいいですが、こういった相談窓口に連絡することで精神的な負担が軽減されます。ぜひ一度相談するだけでもいいので利用してみてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る